風流人日記

医王整体院 院長のblog

戯言

紅白歌合戦に思う現代社会

新年あけましておめでとうございます。 今年もお正月からぼやいております。突然切れる老人が増えていると聞きますが、ぼやいているくらいならまだ可愛いもんだ、と大目に見てやってください。 そんなことで、今年も人のカラダと世の中を注意深く観察しなが…

3Dテレビと思考の平面化

この間まで「地デジだ、薄型テレビだ、エコポイントだ」と大騒ぎしていたのが少し静かになったと思ったら、今度は3Dテレビの宣伝がにぎやかです。皆さんそんなに今のテレビに不満があるのでしょうか?少なくとも私はなんの不満もありません。自慢じゃないで…

三日坊主

「一年の計は元旦にあり」といいますが、みなさんは今年こそはこんなことにチャレンジするぞ〜と何か計画されましたか。 私もそんな一大決心をする年もたまにあるのですが、これがなかなか続かないんですよね。いわゆる三日坊主というやつで、いや三日どころ…

手放すことの大切さ

前回のブログの記事で「老い」について考えていた続きの頭で今朝新聞を読んでいたら、「バイクと父の決意」という題でこんなことが書かれていた。島根県の59歳の主婦の方からの投稿だ。「今日でバイクともさよならだ。長いあいだお世話になったよ」。すっ…

中年の”捨てる日々”

年末になると毎年のように同じセリフを繰り返す。「一年って早いですねえ。この間お正月を迎えたと思ったら、もう年末」。挨拶代わりにこんな会話を交わす機会が多い師走。その早さも、歳を追う毎にスピードが増す。2年ほど前に初めて老眼補正の入った眼鏡…

便利ということ

近頃どうも気になって仕方ないことがある。サービスがきめ細かく行き届きすぎて、個人がかける手間をすべて奪ってしまおうとしているんじゃないか、ということだ。以前、不便を楽しむというところでカメラのことを書いたが、趣味の世界での一例であるそんな…

カラダとの対話

「せんせ〜、すごく力がいりますよねえ。疲れませんか?」よく患者さんに訊かれます。かなり重度の肉体労働にみえるのかもしれない。もちろん私のからだを気遣ってのやさしい労いのお言葉だと、うれしく受け取りますが、実は思っておられるほどの力は使って…

痛みを聴く

お正月のスローな時間の流れも忘れ、気がつけばもう20日。きょうは大寒です。寒さの絶頂期ということですが、これが過ぎると春も近いということでしょう。この頃患者さんと面談していて強く感じることがあります。私の治療室にはさまざまな身体の痛みや悩…

年の瀬

クリスマスイブの夜、皆様いかがお過ごしだったでしょうか。もう今年も残すところわずかになってしまいました。この年末は様々な社会を揺るがす事件や大雪で、いつにも増して慌ただしさが漂うように感じていらっしゃる方が多いのではないでしょうか。私はそ…

こころの交流戦

セ・パ交流戦が終了した。経営者側としては損得勘定もあり悲喜こもごもの胸のうちだろうが、ファンからは概ね成功という評価が聞こえる。私自信は最近見たい選手や見たい対決が少なくなり、あまり熱心に観戦することがなくなってしまったが、時々テレビをつ…

花のチカラ

その場に花があるのとないのとでは、大きく雰囲気が変わる。それをどう感じるかは、人それぞれのアンテナの感度のちがいではあるが・・・。花に限らず、もの言わぬ植物や言葉の通じない動物に、辛い心が救われることがある。重苦しい雰囲気を和らげてくれる…

人さし指、短い男性は暴力的?

ネットのニュースで面白そうなタイトルが出ていたので、のぞいてみました。 人さし指の短い男性は暴力をふるいがち? そんな研究成果をアルバータ大(カナダ)の研究チームが米専門誌・生物心理学3月号に発表した。胎児期に母親の子宮内で浴びた男性ホルモ…

自分を好きになる

「自分を好きになったほうがいい。長くつきあうんだから」という、アメリカのコメディアン、ジェリー・ルイスの言葉がある。 たしかに、嫌いでたまらない人とは縁を切ればいいが、自分だけはそんなわけにはいかない。 自分を好きになるということは、自分の…

感じ、味わうということ

二日酔いは醒めたが、あまりに久しぶりの苦しみでインパクトが強かったので、その続き。 苦しみの最中、それを感じ、味わうどころの騒ぎではないのだがしかし、確かにその時は、なにも考えず(考える気力もなく)ただひたすら回復を待つ。 それこそが逃げる…

二日酔い

かなりひどい二日酔いである。久しぶりだから余計に応えるのだろう。酒量にすると大した量ではないかもしれないが、やはり歳である。 因にビール1?、日本酒3合、焼酎(湯割り)2合くらい。肴は河豚だが、考えてみると呑むことにばかり奔ってあんまり食べ…