風流人日記

医王整体院 院長のblog

ふたつよいこと さてないものよ

 いやぁ、まったく気の許せない一年だった。

 新型コロナの収束も目処が立たない窮屈な状況の中で、これでもかと次々起きる事件に事故に不祥事。

 その一つひとつに驚いたり憤ったりしているうちに、気がつけば今年も終わろうとしている。

 「今年の漢字」がたしか「戦」だったと記憶するが、個人的にも沸き起こる己の感情との「戦」に終始した一年だった。

 怒りや不安といった負の感情が免疫力を低下させることはわかっていたから、できるだけ笑って過ごすよう心がけていたが、それでもやはり怒りの感情のパワーは強力で、鎮火するのは並大抵ではなかった。

 幸い、行き場を見失った彷徨う心を正気に戻してくれることも数え切れないほどあった。そのおかげで免疫力を適切に保つことができて、コロナにも感染せずに済んだのだと思う。

 心の通う人との出会い、対話の中からの気づき、温かい心に沁み入る言葉、偶然にも出会えた美しい風景、心のこもった贈り物、、、。

 それらすべてが健康を保つ力となった。 

 

 苦しいときには、河合隼雄先生の「二つ良いこと、さて無いものよ」という言葉をつぶやきながらやり過ごしてきたが、これは良いことずくめなどということはまずないが、悪いことばかりも続かないことを示唆していると思う。

 世の中は絶妙なバランスの上に成り立っているのである。嫌なことが続いても、それを打ち消す喜びを見つける心の目を持っていれば、なんとか乗り越えられるのではないだろうか。

 先行き不透明、前例のない、答えのない未来を我々は生きていかなければならないが、どんなに科学や情報技術が進歩し便利に簡単に人と人が出会うことができようとも、相手の息づかいを感じる距離での温かい血の通った生(なま)の人間同士の交流に勝る、生きるための力はないと痛感する。

 

 かつてお釈迦さまは亡くなる前に、頼りにしていた師を失うことを不安がる弟子たちにこう言われたそうだ。

「汝自身を拠り所(燈明)にせよ」

「その汝の感じる世界の在り方(法)を拠り所にせよ」

 これが「自燈明、法燈明」という言葉で現代に語り継がれている。

 私はこの言葉を知った時、自らを拠り所にせよと言われてもなあ、こんな頼りない自分なんて当てにしているとロクなことにならないなどと思った。

 しかしお釈迦さまが伝えようとされたのは、拠り所にできるような私、つまり「よく調った自分」になるよう日々努めなさいということだと理解している。

 そのために「瞑想」をしながら自己を調えるわけだが、凡人がそう簡単に悟りをひらくことなどできない。

 わかったようで一番わからない自分を知るには人と交わることだと思う。他人は自分を映す鏡だという。

 出会う人、もの、自然界から自分を知り、自分を調えていきたい。

                

 今年いただいた僥倖の一つひとつを振り返り、感謝しながら、この年を締めくくろうと思う。

 支えてくださった皆さん、本当にありがとうございました。

 

新・新しい生活様式

 コロナ第7波の勢いが凄い。 このままどんどん感染経験者が増えてほとんど(何割かは分からないが)の人が自然に免疫を持つようになり、このウイルスによる疾病が人間社会に定着していくのではないかと思う。 

 新型コロナが安全だと言っているのではない。病気に安全な病気などない(意味はあると思う)。どんな軽い病気でもヘタをすると重症化して死に至る可能性はある。 つまり新型も含めて病気というものは自然現象の一つであるのだから、注意をしながらも共に生きていくしかないということだ。

 生老病死」の一つである病気も、地震や台風と同じように自然の営みの一つであるのだから、完全に排除することなどできない。 おそらくこれからも人類にとっては新しいウイルスや病気が次々と襲ってくるだろう。しかしその一つ一つは受け入れていかざるを得ないのだ。

 それよりも大事なことは、人間の行いの結果起きている自然環境の悪化を考えることだと思う。 二酸化炭素の過剰な排出、それによる環境の汚染、温暖化、戦争、、、、。 これらは原因が明らかである。自分さえ(人間さえ)良ければといういわゆる私利私欲が高じて他から搾取し、他を排除する。その結果、自分たちの住む場所を自分たちの手で汚し壊しているという愚かな行為だ。 なぜ人間はそのことに気づかないのだろう。

いや、気づいていても止めることができないのだろう。 どこまでも成長と利潤を追い求める資本主義経済というシステムの宿痾と言わざるを得ない。 このシステムから脱却しない限り、この問題は解決しないと思う。 いや、もはや解決しないなどと悠長なことを言っている場合ではないのだ。 このままではこの地球は人間どころか多くの生き物が住めない星になってしまうのだ。 愚かな人間のために、人間と共に絶滅してしまう動物もいれば、人類なんかよりももっと高次の生物が地球を支配する時代が来るかもしれない。 自分たちは万能だと思い上がっている人類が、実は地球上で最も愚かな生き物ということかもしれない、、、。 

 

 こんなことを考えていると、沸々と悲しみと無力感が湧いてくる。 でも悲しんでいるだけではいけない。自分たちの世代が仮に生き残れるとしても、次の世代の人たちにこのままの状態を引き渡さないよう行動を起こさなければならない。 どんな社会システムが環境を守れるのか、どんな生活様式にすれば地球上の全ての生き物の営みが持続できるのか、私には分からない。 おおよそ考えつくことは、自然は人間の都合に合わせてくれるほど優しくはないのだから、自然に合わせて生きることが正しいのではないかということだ。 大量生産、大量消費、大量廃棄という今のシステムを変えない限り、環境破壊は止まらない。

  それを止めることなど一人の人間がどんなに頑張ってもすぐにできることではないが、いま確実にできることといえば、人間の都合で作られた無駄なものを買わない、相手(人も地球も含む)の身になって行動する。 できる限り自然を破壊する行為に加担することをやめ、自然と調和した生き方に変えていく。 

 これくらいしか思いつかない。

 

誰でも自分は可愛いし、美味しいものを食べ、欲しいものを買 い、欲求を満たしたい。これを改めるということは、欲望との戦い、とても辛い修行生活のように思うかもしれない。 

 でも実際に自然に合わせた生き方をすることは、意外に快適かもしれない。それほどの禁欲的生活ではないかもしれない。  自然は災害など過酷なところもある反面、多くの恵みをもたらしてくれる。 そのことに気づき、自然の営みを尊重しながら生きていくと、よりたくさんの幸せを感じられるのではないだろうか。 

 人間とは習慣の生き物である。日々テレビで美味しそうな(季節外れもある)食べ物を見せられたり、これを毎日飲めば痛みがなくなるというサプリメントを大音量で勧められたり、この便利グッズがあると楽で快適な生活が送れますよと呼びかけられると、なんの疑問も持たず当たり前のことのように欲しく思ってしまうものだ。 でも今ちょっと立ち止まり、それがどんなふうに作られているのか、環境への影響はどうなのか、本当に必要かを考えることから、自分の消費生活を見直すだけでも、良い方向へ変化していくのではないだろうか。 コマーシャルという一種の洗脳で麻痺してしまった頭に、そんな違和感を感じる心を取り戻さなければならない。 

 新型コロナの感染が世界中に広まり始めた当初、頻りに「新しい生活様式」ということが言われた。 あれから2年半が過ぎてもコロナは収まる気配はないが、せっかくならこの際、ただ感染対策として生活様式を変えるのではなく、地球環境問題に対応する生活様式に変えることが必要なのではないだろうか。 つまり、過剰な欲望を抑え、自然に抗わず風流に生きるという生活スタイルに。

 体と心の健康に携わる立場から言えば、健康に過ごすということは、自然との調和を保ちながら暮らすことだと思う。

 

もし小中学生が選挙に行ったら

 我が家が購読している東京新聞の毎週金曜日の発言欄は、「若者の声」として小中高校生の投稿が載ります。

 大人の投稿もなかなか鋭いなと感心するものが多いのですが、それ以上に子どもたちの生の声には身につまされることや耳の痛いことばかりで、我々大人はいったい何をしているんだろうと考えさせられます。

 「この若者たちに内閣を作ってもらい政策を推し進めてほしい」と大人から感嘆の声も届くそうです。

 

 7月10日の投票日に向けて参議院選挙戦が始まりました。盛り上がりに欠けるとか、どこに票を入れても変わらないとか、いろんな声を聞きますが、子どもたちの発言を読んだり、彼らの将来のことを想うと、私たち大人はもっと真剣にこの社会の問題を考え、そのことを本気で考えてくれる人を選ばなければいけないという気持ちになります。

 彼らにはまだ選挙権がありませんが、彼らならどの党に投票するだろう?彼らの声を政治に反映させてくれそうな候補者が果たしているだろうか?いろんなことを考えてしまいます。

 

 つい先日の「若者の声」欄より

「中学の思い出はコロナばかり。一人ずつ前を向いた黙食、歌えない音楽。数少ない行事の写真はそろってマスク姿」15歳女子

 「仲良くくっついておしゃべりしたい。距離を取らず肩を組みたい。僕たちのはかない願いは一体いつ叶かなうんですか」14歳男子

 「よく行く公園が封鎖された。ゲームばかりせず外で遊べと言われても一体どこで? 公園は子どもにとって大切な場所。今後の社会をつくる子どもの未来へ投資して」14歳男子

 「こんなに文明が発達してもなぜ戦争なのか。戦争は誰も幸せにしない。権力を持った大人たちにどうしたら伝えられるのか」十四歳男子

 「早く戦争をやめて、みんなが少しでも幸せに過ごしやすい国にするための努力を世界中でしてほしい」15歳女子

 最後に。「選挙権を持っている人は一人でも多く投票してほしいです。僕も選挙権がもらえる時までさまざまなことを学びながら待ちたいです」15歳男子

 

  どうですか、この真剣な眼差し。大人になることは諦めることでしょうか?

 

 この子たちの発言からも、今の理不尽な日本社会の問題がまざまざと浮かび上がってきます。

 重症化することが少ないにも関わらず子どもたちに我慢を強いるコロナ対策。目先の利益や経済ばかりを優先し、子どもの自由を奪う社会。何度繰り返しても戦争の悲惨さから平和の尊さを学ぼうとしない大人たちへの失望。

 恥ずかしながら自分がこの年齢の時にこれだけ真剣に世の中のことを考えていたかと問われれ、明らかにノーと答えなければなりません。

 いつも文句ばかり言っていたことといえば、もっと遊び時間が欲しい~とか、夏休みを長くして~とか、まあ子どもらしいといえばそうではありますが、他所の国で戦争があってもそんなことを考える間もなく遊び呆けていました。

 それは日本が平和であり、子どもにとっても自由があったからこそと言えます。

 確かに戦後77年間、日本は平和でいられました。それはひとえに憲法第9条があったからこそだと、私は考えています。

 最後部にその条文を載せておきますのでぜひご覧下さい。

 

 ロシアのウクライナ侵攻が長引く中で、世界各国は新しい安全保障を求めてさまざまな動きがあります。日本でも自民党を中心に防衛費の倍増、敵基地攻撃能力の保有など、憲法9条に反する動きが活発化しています。

 私は軍備を拡大することには反対です。それで平和が守れるとは思いませんし、むしろ近隣諸国からは東アジアの平和にとっての脅威と見られ、対立を招くことになると考えています。

 15歳の女子の投稿にあった「早く戦争をやめて、みんなが少しでも幸せに過ごしやすい国にするための努力」は、武力を拡大することでなく、外交手段によるものだと思います。

 

 今回の参院選は諸物価の高騰が最も身近な争点でしょう。それは戦争が原因の一つであることは確かですが、アベノミクスが招いた財政悪化と、大企業と富裕層への優遇政策のために一般市民の賃金が一向に上がらない問題も忘れてはなりません。

 「若者の声」欄に載せられた子どもたちの熱い声を真摯に受け止め、どの党、どの候補者が安心して暮らせる社会の実現のために本気で仕事をしてくれるかをよく考えたいと思います。

 まずは、みんなで声を掛け合って、選挙に行きましょう! 後で悔いても遅いですよ。

 

日本国憲法第9条

 条文

 第二章 戦争の放棄

 第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。

 ② 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

 

遠い国戦争から学ぶこと

f:id:chrismiyagishi:20220411145024j:plain

 人を信用するか、しないか。これはその人が過去にどれだけ人に裏切られたか、その体験の数によって左右されるのでしょうか。

 他人を信用すると大変な目に遭うという体験が多いほど人は疑心暗鬼に陥り、自己防衛のために強固な殻を作ります。そして常に相手を監視し続け、不穏な動きがあればたちまち臨戦体制に入る。

 そんなことを繰り返していれば、心休まる暇などありませんね。

 でもロシアの歴史はそんなことの繰り返しだったのかもしれません。

 いくらこちらが努力して信頼関係を築こうとしても、相手もそういう気でいるかどうかはわかりません。

 ではどうすればそんな疑心に満ちた相手を信頼関係を結ぶ気にさせられるか?

 一人の人と人との関係においてもこんな難しい問題が常に存在するというのに、より複雑な国同士の付き合いとなると、想像を絶する難しさがあります。何よりその前にたとえ同じ国の中であっても、大小の揉め事はいつだって絶えることがないのですから。

 そんな困難を乗り越えて国内国外ともに上手な付き合いをし、平和な国民生活を維持することが政治家の最も大事な仕事だと思いますが、過去を見ても昨今においても、なかなか賢く問題解決ができる政治家は多くはありません。大半の政治家は自分の権威と権力の座を守ることに汲々としているだけです。

 では、平和を維持し続けてきた国家は、どうやってそれを実現できたのでしょうか?

 それはやはり、才能豊かなリーダーや政治家の存在だけではなく、国民一人ひとりの意識の違いだと思います。もちろん善良な国民の意思を纏める力のある政治家がいることは理想ですが、自分たちの力によって平和を守り平和を享受できた実績を持つ民族は、自分たちで考え、強い意思を示すことが何より大切な国の資源だと考えていると思います。

 政治は政治家に任せてしまうものではなく、自分たちのもの、自分たちが不断の努力を続けなければ平和を守れないことを知っています。

 

 ロシアによるウクライナ侵攻が始まって一ヶ月が過ぎました。

 遠く離れた場所からできることといえば、一刻も早く戦争が終わることをひたすら祈るくらいしか思いつかないのはとても辛いことです。

 われわれ一般市民がウクライナのためにできることは祈ることしかないとしても、逆にこの戦争から教わることは多かったと思います。

 その間、日々様々なことを考え続けたましたが、一つだけ確かなことだと思ったのは、平和な(と思い込んでいる?)日本も、いつ戦争に巻き込まれるかも知れないという不安定さです。

 だから今できることは、ウクライナへの平和の祈りと共に、自分たちのそんな不安定な状況を少しでも安定させるために、もう一度過去の戦争を思い起こし、なぜあんなことになったのかを深く反省することだと思いました。時代は変わったと言っても、現にロシアは20世紀と同じような戦争を繰り返しているのですから。

 

一番肝心なことは、ああいう状態を放置し長引かせてはならないということです。

 ああいう状態とは、権力を握った者が何でも好きなように物事を動かせること。そして、それに反論すると容赦なく叩き潰される体制です。

 こんな状態が長く続くと、人々は権力の支配と同時に、自分たちの内の諦めの気持ちに支配されてしまいます。

 そして何か重大な出来事が起きたときには、これはいけないと思っても最早誰にも止められなくなっているのです。諦めや無関心は服従しているのと同じで、暴走を許してしまうことになります。

 強いものに逆らってはいけない、強いものに擦り寄ってさえいれば安住できる、と考えることがいかに危険かを過去の日本の戦争でもプーチンの戦争でも思い知らされました。

 「ああいう状態」とは、何も過去の日本やロシアのことだけを言っているのではありません。よく考えなければならないのは、むしろこの度の戦争を対岸の火事のように見ている今の日本という国の現状です。

 あろうことか、この混乱にまみれて核の共有とか軍備を拡大せよと声高に主張する人がいることには驚きます。

 

 この10年ほどの日本の政治はどうだったでしょう。表面的には平和な民主主義国家に見えても、実際の中身は、ロシアほどではないとはいえ、政治の世界でもマスコミを見ても権力への「忖度」ばかりがまかり通るとても風通しの悪い窮屈な状況だと私は見ています。

  データの改竄、情報の隠蔽など、大切なこと本当のことが伝えられないところは、その大小強弱の違いはあっても、情報統制されたロシアと基本は変わりません。

 ロシアの現状を見ながら考えなければならないことは、政治を他人任せにせず、何ごとも自分の問題として諦めずに意見を言い、政治の動きを監視し続けることではないでしょうか。間違いは間違いと言わなければなりません。マスコミが言わないなら、私たち市民が声を上げなければなりません。民主主義国家だから大丈夫なんていう安易な考えは捨てなければなりません。民主主義は誰かが守ってくれるのではありません。国民一人ひとりの意識と行動によって成り立つものです。

 言論の自由を奪われたロシアの人たちを想うと、自由にものを言えないことがどれだけ辛いことかと想像します。たとえその意見が通らなくても、発言できること、そして聴いてもらえることは幸せなことです。この自由を守り通さなければなりません

 またあのガンジーが言った、「あなたがすることのほとんどは無意味であるが、それでもしなくてはならない。 それをするのは、世界を変えるためではなく、世界によって自分が変えられないようにするためである」という言葉を忘れないようにしたいと思います。

 

ウイルスは敵か?

f:id:chrismiyagishi:20211002101000j:plain

 もう新型コロナの流行は終わったのかと思うほど、テレビは毎日自民党総裁選の話題で埋め尽くされています。たしか麻生副総理は「曲がりなりにも収束して、国際社会の中で評価が極めて高いと思います」と発言していました。こういう「偉い人」にとってコロナなどというものは何もそれほど大騒ぎをするものではない、仮に感染してもすぐに入院できて、適切な処置によってすぐさま回復できるようになっているのかどうか、私は総理にも財務大臣にもなったことがないのでわかりません。

 ここへきて有効な治療法が次々と開発され、早期に診断し治療すれば重症に陥ることは少なくなっているようですが、検査体制と早期の入院・治療体制が十分とは言えない現状でのこの発言は、同じ日本という国に住む一人として見た場合、現実を捉える感覚があまりにもかけ離れていることに驚愕します。

 実際には未だ収束の見込みが立っていないというのが一般的な見方ではないでしょうか。

 

 新型コロナウイルスが次々と変異を繰り返し感染力を強めていくのを見ていると、ワクチンでウィルスを封じ込めるというやり方、つまり敵を徹底的に叩き潰すようなやり方が本当に正しいのかという気がしてきました。これだけ全世界で爆発的に広がる脅威を治めるにはそれしか方法がなかったのかもしれませんが、このワクチン一辺倒のやり方は、早期発見・早期治療のための検査・医療体制の不備を棚上げし、政策の失敗を覆い隠すための最終兵器の使用に見えます。 今からでも遅くありません。次の第6波に向けて早急に検査・医療体制を立て直して欲しいものです。

 

 そしてもう一つ指摘したいのは、そのやり方は何がなんでも自分たち人間の命を守る(その人間の中でも上級国民と呼ばれる一部の選ばれた人たちだけが優先的に守られる)ことが第一で、他の生物の命は二の次という考えに他ならないところです。

 地球上のどの種も生き延び保存される権利(あるいは法則)があるにも関わらず、命に順序をつけているのは人間だけではないでしょうか。かと言って、80億にまで個体数を増やした人類の一つひとつの命をみすみす諦めることなどできません。

 それならば、せっかくここまで頭脳を発達させ知恵をつけた人類にできることは、自分たちの命も大切にしながら、同時に地球全体の環境保全と個々の命に思いを馳せることではないでしょうか?

 

 ウイルスは人の行動を写す鏡のようなものであるとも言われています。コロナによって変わってしまった日常を生きながらこれからの社会がどうあるべきかを考えると、このパンデミックはこれまでの「当たり前」を疑い、暮らし方を見直す大きなチャンスではないかと思います。

 経済成長・社会の発展のために当たり前のように行われてきた未開の土地や森林を乱開発するような環境破壊が、新たなウイルスを人の社会に持ち込む原因の一つでもあるようです。コロナ以前と同じような社会のシステムの中で、同じような暮らしを続けていると、新たなウイルスが次々人間社会に入り込むだけでなく、地球環境の破壊は止まりません。もう従来の社会システムは限界にきている気がします。

 専門家の見方では、2019年以前の生活に戻るのは難しいといいます。ここは以前の生活にそのまま戻ることを考えるのではなく、地球上の多様な生き物と共存し(実際に我々の体の中には無数のウイルスが棲みついています。つまりウイルスと共棲しているのです)、できるだけ環境を壊さない生活に変えていく時ではないでしょうか。

 

 世界は人間だけに都合の良いようにはできていないのです。人間が自分たちのために勝手に作り上げたシステムが地球というより高次のシステムとバランスが取れなくなった時、それを修復するために様々な形で変化が起こるのだと思います。その一つが今回の新型コロナウイルスによるパンデミックかもしれません。

 そのための一つの解決策として、「脱成長コミュニズム」という思想がじわりじわりと社会に浸透してきているようです。

 その件はまた別の機会に取り上げたいと思います。

 

 

あとがき

 いいえ、別にコロナの肩を持つわけじゃありませんし、ワクチンが絶対ダメということを言いたいのではありません。私とて感染して辛い思いはしたくありません。

 今度の新型コロナウイルスについては専門家でさえ分からないことが多く、様々な考え方があってしかるべきだと思います。そんな中、素人考えではありますが、私の思いを綴らせていただきました。

 本来ウイルスは自然界に古くから存在するもので、その歴史は人類の比ではありません。人類が後からウイルスが存在する世界に出現できたのは、それらに適応する能力を得たからでしょう。

 それならば生得的な免疫機能を存分に発揮できれば、ウイルスとも共存できるはずです。にもかかわらず人間がその自然免疫を過小評価し、ウイルスと戦う姿勢を示すと、ウイルスも自己保存のために本来と違った能力を身につけざるをえない。これは他民族との紛争や、思想・宗教の違いからくる戦争を連想させます。

 つまり人類が保身のために不自然な力(ワクチンや核兵器)を行使することによって、小競り合いで済むものを終わりのない戦争にしてしまうのは、人間の傲慢さの表れではないでしょうか。

 こんなふうに、正解のわからないウイルスとの対峙の仕方を、少し別の角度から考えてみました。皆さんはどう思われますか?